杉本の砥石

 切れ味を保つためにも定期的に砥石で研ぐ事をお勧め致します。

杉本 荒砥

杉本 荒砥

 #180〜#220 刃こぼれなどが無い場合、通常の砥ぎは中砥だけご使用いただければ十分です。 通常の砥ぎを3〜5回したら、必要に応じて全体の厚みを少し落とすために荒砥をかけてください。 極端に形が崩れてしまったり、刃が薄くなりすぎてしまうため、荒砥のかけ過ぎにご注意ください。

品番サイズ価格ご注文
1155x210x301,358円

数量

1268x205x342,231円

数量

1375x205x503,201円

数量


杉本 中砥

杉本 中砥

 #1200 ※一般的には、まず中砥をご購入ください。 庖丁の種類に関わらずご使用いただけます。 刃が止まっただけでしたら、中砥をかけるだけで十分です。

品番サイズ価格ご注文
3165x210x512,037円

数量

3275x215x513,880円

数量

3395x225x525,626円

数量


杉本 仕上砥

杉本 仕上砥

 #3000〜#4000 片刃の裏砥ぎは、砥ぎすぎないために仕上砥のご使用をお勧めいたします。 両刃の庖丁で特に細かい刃先が必要な場合は、仕上砥をご使用ください。

品番サイズ価格ご注文
6170x200x254,656円

数量


荒砥 金剛三丁掛

金剛三丁掛#180〜#220

刃の角度を変えたい時など

中砥 赤門 大

中砥 赤門 大#1200

普段のお手入れに


仕上砥 ペンギン印

仕上砥 ペンギン印

より切れ味を求める方に